柳の木の下でブランコを漕ぐ

俳優窪田正孝さんを楽しむ私の隠れ家

心を映すシロー(窪田正孝)のまばたき:資生堂スノービューティー2016『逆さに降る雪』を鑑賞する②


スノービューティー2016 『逆さに降る雪』|資生堂

スノードームの世界の住人であるシローはユキの幸せを想って、別れを告げる。「あなたなら大丈夫。さようなら」に込められたシローの心境は複雑だ。ユキを勇気づけ、現実世界に帰したいが、別れは寂しい。この複雑な心情とその変化を窪田正孝はまばたきを使って表現している。

一般的に演技指導の際にはまばたきはできる限り少なくすることがよいとされる(らしい)。別の人格を演じるにあたって、役者自身が抱える緊張や不安、戸惑いがまばたきとして現れてしまうと、白けた演技に見えてしまうからだ。実際『逆さに降る雪』のなかでユキを演じる二階堂ふみの瞬きはかなり少ない。役者がまばたきをする際には、まばたきをコントロールして役の表現として使うのだ。

『逆さに降る雪』でのシローの演技では、窪田正孝は今までの他の役と比べて多くまばたきをしているように感じる。これは顔がアップに映る特定の場面において、意図的にまばたきをたくさん入れているからこそ際立って感じられるのだが、それによってシローの複雑な心情の変化を巧みに表現している。

シローの演技のなかで窪田正孝はまばたきを区切りとして表情を変える。例えば、黄色く塗られた夏の窓を見上げながらユキが現実を思い出した後のシローの表情。このカットでシローは一度まばたきをする。まばたきの前後の表情は以下の通りだ。まばたきを境に視線の向きが上から下へと大きく変化し、表情が変わる。

(自分で実際にやってみて気づくのですが、まばたきによって視線の向きを変えるのは結構難しい。それだけをやる分にはできないこともないのだけれど、演じる際には他にも意識すべきことはたくさんあるだろう。)

f:id:yanabura:20160722003435p:plain*1

f:id:yanabura:20160722003458p:plain*2

まばたきのタイミングで表情ががらりと変化すると、観ている者はその変化を追体験し、切ない気分にさせられる。*3

次に注目したいのは「あなたなら大丈夫。さようなら」の後の表情。この部分で窪田正孝はゆったりと3回まばたきをする(意識的でなければこんなゆったりとはまばたきできないだろう)。まばたきの前後の表情を切り取ると以下の通りになる。それぞれのまばたきを区切りとして細かく視線の角度や目の開き具合を変え、段階的に悲しみ・寂しさのトーンを高めている。まるでシャッターを切るかのように、カメラに映る窪田正孝はまばたきをするごとに表情が変化する。

f:id:yanabura:20160721022402p:plain*4

f:id:yanabura:20160721024548p:plain*5

f:id:yanabura:20160721022419p:plain*6

f:id:yanabura:20160721022434p:plain*7

ツイッターを見ていると、この二つの場面の窪田正孝の表情に注目している方が多いように思うが、その背景にはこのようなまばたきを使った繊細な心情表現が影響しているのではないかと思う。

最後に注目したいのは、ユキがシローの頰に触れる場面。このショートムービーのなかで唯一ふたりの肌と肌とが触れ合うラブシーンと言ってもいい場面だ。

この場面では、ユキの手が自分の頰に触れるのを感じると、シローはパチパチと細かくまばたきをする。表情がアップになる場面のため、このまばたきはかなり目立つし、全くまばたきをしないユキとは対照的だ。それまでのシローには見られなかったまばたきの多さだということを踏まえると、ここでも役の表現としてまばたきが挿入されていると考えるべきだろう。

まばたきは緊張や驚き、戸惑いなどを表す。このまばたきを通して、観ている者はシローの身に思いもよらないことが起きたのだというドキドキ感、その緊張や戸惑いを感じることができる。

ただ、一般的なラブストーリーでは、そういう描写はヒロインの側で描くのではないか。このショートムービーに登場するシローは男性だがどこか中性的な雰囲気、可愛らしさを持つ青年という印象が強い。声もとても柔らかい。そのような印象を決めているのも、頰を触れられたとき、そして最後に向かい合ってダンスする際のまばたきの表現にあるのかもしれない。

 

関連記事:

yanabura.hatenablog.jp

 

*1:©資生堂『逆さに降る雪』より引用

*2:©資生堂『逆さに降る雪』より引用

*3:自分用メモ:どうしてだろう? 役者のまばたきが観客に与える影響については別の機会にゆっくり考えてみたい。

*4:©資生堂『逆さに降る雪』より引用

*5:©資生堂『逆さに降る雪』より引用

*6:©資生堂『逆さに降る雪』より引用

*7:©資生堂『逆さに降る雪』より引用