柳の木の下でブランコを漕ぐ

俳優窪田正孝さんを楽しむ私の隠れ家

映画『東京喰種トーキョーグール』には原作愛が詰まっている

 

※ 以下の記述には映画の細部について言及しているところがあるので、内容について知りたくない方はご注意ください。映画をすでに観ているけれど原作はまだという方で、原作の細部について知りなくない方もご注意ください。ネタバレというような内容ではないですけど。

 

f:id:yanabura:20170820003256j:plain

あまり映画の本筋には関わらないことですが、この映画は見れば見るほどいろいろと発見があって面白い。特に原作を読んでいる方ならおおお?と思うところがいくつかあるので個人的な覚書程度にまとめておく(ちょっと自信がないものもあるのだけれど)。

  • 真戸が食べているドーナツがドーナツマイスターのもの。ドーナッツ・マイスターは原作に登場するドーナツ店の名前。
  • ヒデが渡す東洋史のノート表紙に描かれているカネキの落書きが原作でヒデが描いた喰種予想図(そもそも喰種を予想しようと言ってカネキの絵を描くヒデにおや?と思ってしまう)。映画では最後のシーンで東洋史のノートがヒデのもとに返されるのだが、カネキはヒデに向けてノートに何を書いたのだろう。 

f:id:yanabura:20170819231622j:plain*1

  • カネキが半喰種になる前のあんていくのシーンの客に何名か(少なくとも2人確認)喰種の常連さんが。客が全員喰種のときにも同じ場所に座っている。一人は原作でヒデを狙ったハンチング帽の男性に、もう一人は青っぽいシャツを着た男性で、原作では亜門戦のあとでカネキを褒める常連さん(「すごいでふ」って言ってる方)に容姿が似ているなあと思った。

f:id:yanabura:20170820000837j:plain*2

 

f:id:yanabura:20170820000932j:plain*3

  • ニシキがいる部屋にあるコーヒーがBlondy。
  • タロットカードとローマ数字関連。笛口リョーコが殺される高架下に描かれた死神のイラストとⅧの文字。トーカとカネキが訓練を行う地下には赤いⅢの文字。亜門のデスクの上にあるドリンク飲料にVの文字(これはただの偶然?)。死神とⅧはリューコとヒナミが真戸と亜門に声をかけられるシーン、そして終盤で真戸がヒナミに声をかけるシーンで綺麗に映りこんでくる。
  • あんていくの棚にフクロウのような木製の置物が2体置いてある。見間違えではないと思うけれど「2体」あるっていうところが。
  • 依子のカバンについているキーホルダー?とトーカのケータイについているストラップ(「通れ、通れ」のシーンでポケットから見えている)がおそろいで、原作に登場するzackというシリーズのうさぎのキャラクター「カチカチ」がついている? ストラップのはっきりとした写真は書籍『東京喰種-トーキョーグール-[movie]』に掲載されている。
  • CCGインターフェース。これは映画鑑賞中に見つけるのは難しそうですが、CCGのインターフェースを製作された方のこだわりがすごい。石田スイ先生も驚いている。

 

まだ見つけれていないものがあるんだろうなあ。こんな発見をするのも楽しくて何度も見てしまう。

*1:石田スイ『東京喰種トーキョーグール』1巻(デジタル版, 位置No. 12/225)東京:集英社より引用

*2:石田スイ『東京喰種トーキョーグール』2巻(デジタル版, 位置No. 18/208)東京:集英社より引用

*3:石田スイ『東京喰種トーキョーグール』4巻(デジタル版, 位置No. 18/194)東京:集英社より引用